チューバ吹き - 元FF11中の人の放置気味ブログ


by mokkumokkyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

定演

 2月11日に所属する由井吹奏楽団の定期演奏会を迎えることができました。
 団の運営に関わったり、楽器変えたりで思い入れ深い回となった気がします。

 良い演奏だったかは、お客様が楽しい時間を過ごせたか、で決まることなので言及できませんが。
 客席の後ろで、曲に合わせて子供さんが踊ってた、という話を聞いて、してやったり、と思ったのが正直なところです(笑)


 演奏者としては。
 今年から持ち替えたF管で思い通りの音が出せなくて。ちゃんと支えれなくて。
 申し訳ないやら、情けないやらのシーズンとなってしまいました。
 とはいっても、本番、やっぱ楽しかったー。
 仲間とのアンサンブルが、お客さんの反応が、全部が音楽ですよね。
 一人じゃ絶対無理な喜びがあるんですよね。

 来年は、もう一回基礎からやり直さないと!





 定演に漕ぎ着けれて良かったぁ~~。もうそれに尽きます(笑)
 演奏会最初のファンファーレですでに、ほっとして泣きそうだったのはナイショです。
(だってねぇ。カッコよくて、息があってて、一つの音楽つくってるな、いいな、このために幕を開けれてよかったなぁて思っちゃったんですもの)

 旗振りが私なんて・・・穴だらけで、本当に、沢山の方の助けのお陰で定演を迎えることができました。
 感謝しかありません。
 
 そして、定演お手伝い頂いた方々、団員の皆さんに、失礼や不安に思わせること数えきれないほどあったと思います。この場でお詫びを


 楽器を吹きたくても機会や技術的な気後れから吹けなかったときに、拾って頂けた感謝で運営に携わってきた一年でした。

 当たり前だと思ってた、音楽の環境を、社会人になった途端無くした自分と。
 否応なく奪われた姿を目の当たりにした今年。
 団体内の雰囲気で、行きたくないなぁ、と思ったり思わせてしまったりしたこともあって。

 何としても、色んな立場の人が、気兼ねなく、楽器を音楽をできる場所を、いつでも帰ってこれる場所を、維持したかった。
 うまくできたのかなぁ。

 音楽の技術や、情熱。
 自由になる時間やお金。
 演奏する人、聴くだけの人。
 色々違う誰にでも、音楽に触れる権利や機会は、平等にあるべきだと。 
 (音楽は人の関わりなんで、人にも音楽にも誠実でないひとは御免被りたいですが)
 
 どんな立場になっても、これだけは譲らずにやっていきたいな。

 あらためて、本当にありがとう。
[PR]
by mokkumokkyu | 2012-02-14 00:15 | [中の人]